初心者から上級者まで・ダイビング求人

PADIアドバンスは初心者から上級者まで幅広いコースが揃っているダイビングのための教習所。ダイビングの魅力は体験した人にしかわからないと言われています。テレビなどでは沖縄や南洋の美しい海の中をスキューバダイビングしている映像を見ることがありますが、特別の訓練をした人しか楽しめないスポーツというイメージがあります。しかし実際はダイビングスクールで練習すれば、誰でも楽しめるスポーツなんです。最近では中高年でダイビングを楽しむ人も増えています。これからダイビングを楽しみたい人におすすめのスクールが、PADIアドバンスです。PADIアドバンスには目的とレベルに応じたコースが揃っているので、初心者から上級者まで自分にあったコースを選べるようになっています。一通りのコースを終了すると、ダイバーとして必要な知識やスキルを身につけることができますし、その証明としてCカードが取得できます。Cカードがあれば監督者なしでダイビングを楽しむことができます。PADIアドバンスの凄いところは、ダイビングのプロを目指す人のコースもあるという点です。初心者からダイビングのプロに至るまでの幅広いコースがあるので、誰でも安心して受講できます。また世界中のダイバーの6割以上が、PADIアドバンスのカリキュラムを受けているので、安心です。

プロレベルのダイブマスターやインストラクターを雇用している沖縄のダイビングショップ

ダイビング求人 沖縄

気軽に取得することが出来るライセンス

気軽に取得することが出来るPADIスクーバダイバーのライセンス,”気軽にダイビングを楽しみたいという人にオススメなのが、「PADIスクーバダイバー」です。このPADIスクーバダイバーは、水深12メートルまでのダイビングが可能ですので、初めてダイビングを行う人でも十分にダイビングを楽しむことが出来ます。オープンウォーターダイバーへのステップアップも容易になるというメリットもあります。
PADIスクーバダイバーは、自分達で計画を立ててダイビングをすることは出来ません。必ずインストラクターと同伴する必要がありますが、専門のスタッフが同伴するので初めての人も安心です。
オープンウォーターダイバーと比べると、簡単に取得することが出来るライセンスなので、時間がない、とりあえずライセンスを取得したいという人には最適と言えます。
ライセンス取得までの流れとしては、学科講習とプール講習、海洋講習をそれぞれ行います。取得する場所にもよりますが、最短で2日程度で取得することが可能です。
ライセンスの取得に必要となる費用については、事前に確認するようにしましょう。また、年令によっては講習を受けることが出来ない場合もありますので、費用とともに事前の予約時に確認することが大切になります。

沖縄のPADIダイビングライセンスの詳細はこちら

ダイビング中にトラブルが起きた時

ダイビング中にトラブルが起きた時の対処法が身につくPADIレスキュー。スキューバダイビングは、器材を身に付けることによって海の中でも呼吸をしながら泳ぐことができるスポーツです。
しかしながら、時として海の中では予期しないトラブルが起こる可能性もあります。例えば、突然器材が故障して酸素が供給されない状態になり得ることもありますし、海藻などに器材が引っかかって身動きが取れないような状態になってしまうこともあります。
ダイビングは基本的にバディシステムを取っていて、必ず2人1組で潜ることになっています。このようなトラブルに見舞われた場合にはお互いに助け合うことが必要ですが、正しい対処法を身に付けていないとパニックに陥ってしまう可能性があります。特に地上と違う環境の中では冷静な判断と対処が求められます。
そのようなトラブルの際の正しい対処法や救命法を学ぶのが「PADIレスキュー」です。PADIレスキューの講習を受けるにはアドバンス以上であることが条件ですが、いざと言う時の対処法をしっかりと学ぶことで安心してダイビングを楽しむことができるようになります。
PADIには目的に応じて様々なコースがあります。スキューバダイビングをより極めるために1ランク上のライセンスの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

沖縄ダイビングライセンスの取得をめざしているなら、ダイビングライセンス取得コース